自費診療にコース契約は、必要か?

2017年12月1日に施行になった改正特商法で 美容医療サービスについてもクーリングオフも対象になりました。 特商法について詳しく知りたい方はこちら 特定商取引法ガイド 美容医療においてクーリングオフの対象となるのは ざっくりと以下のようなケースです。 特定継続的役務 いわゆる美容医療 人の皮膚を清潔にし若しくは美化し、体型を整え、体重を減じ、又は歯牙を漂白するための医学的処置、手術及びその他の治療を行うこと(美容を目的とするものであって、主務省令で定める方法によるものに限る) 期間:1月を超えるもの 金額:5万円を超えるもの 特定継続的役務に該当する契約の場合には 概要書面(見積もりのような書類) 契約書面(契約書のような書面) をお客様と取り交わす必要があります。 しかも、書面には記載しないといけない内容がきまっており 内容もかなり複雑で大変。 これだけ聞いただけでも 受付の業務が増えそうです。 そのため2017年12月の施行当初には コース契約をやめるクリニックもかなりあったと思います。 では、特商法に対応するメリットは? ずばり、売上があがります。 直近の例では、特商法に対応をしただけで 月の売上が2倍になっている例もあります。 導入の際の注意点
  • 院内でしっかりと勉強会
  • オペレーションをマニュアル化しておく
  • 役務管理(残役務)が、把握できるようにする
  • カウンセリングルームは、あったほうがいいかも
などなど 自費診療での売上拡大を検討している場合には 対応をしていきたいですね。 複写式の書面をお探しの方はこちら 美容医療サービス向け 特商法「概要書面」「契約書面」【4枚複写式】

関連記事

  1. クレジットカード手数料値下げ

    クレジットカードの決済手数料改定

  2. 個人情報保護法

    2020年の改正でどう変わる?個人情報保護法

  3. 医療レーザー脱毛とエステ脱毛の違い

    エステ脱毛と医療脱毛・・・名前だけの違いだけでは???

  4. 海外在住の外国人が医療法人の役員・社員になれるか?

  5. 開業時に薬剤卸と契約できるか問題【続報】

  6. How to pay

    新規開院直後からカード決済はできるのか?

開業コンサルティング 無料体験コース