PRPの導入について

PRPの試験管と遠心分離機

PRPとダーマペンを使った治療が大人気になっていますね。
再生医療法ができてからPRPの提供をやめてしまった医療機関も多いかもしれませんが
いま導入するとしたらどんな手順で、どんなことが必要なんでしょうか。

●法改正がまたあります。

2019年4月1日より生成医療法が改正となり、認定委員会での審査条件が厳しくなります。
ただし、4月1日以降に厚生局による審査がどう変わかは
実際4月以降の審査後でないとわからない状況のようです。

導入については、すこし余裕を持ったほうが良さそうです。

●申請に必要なこと

書類では、提供計画、特定細胞加工物製造所届の2点が必要になります。
サポートしてくれる会社もあるので、頼んでしまったほうが良いかもしれませんね。

また、審査のためにクリーンベンチが必要になるようです。

当然、PRPを作るための遠心分離機も必要ですよね。

費用は、書類の作成と申請をサポートしてもらう費用
委員会での審査費用
クリーンベンチ等の購入費用

になります。
サポート費用と委員会の審査費用は、各社で異なるようなので
導入の際に問合せしてみてください。

●期間について

通常1ヶ月半から2か月で申請が終わるようですが
4月以降は法改正に伴い、しばらくはプラス1ヶ月ぐらいを目安にしておいたほうが良さそうです。
実際は、どうなるかわからないですが・・・

サポート会社を紹介してほしいなどあれば
ご相談ください。

ちなみに弊社では、申請のサポートは直接行っておりません。

2020/10/2
PRP療法の導入についての記事を自費研に公開しました!
当時、不明なことが多かったこともだいぶ分かってきましたので
PRP療法の導入を検討されている方は、ぜひご覧ください。
自費診療のススメ『PRP療法導入の具体的な進め方と注意点』

2020/10/26
自費研で再生医療の特集を始めました。
再生医療の導入を検討中の方は、チェックしてみてください。
【再生医療導入特集】その治療って“再生医療“?知っておきたい「第一種~第三種」の見分け方

関連記事

  1. クレジットカード手数料値下げ

    クレジットカードの決済手数料改定

  2. How to pay

    新規開院直後からカード決済はできるのか?

  3. 個人での初開業の際の物件の審査

  4. 新型コロナウイルス

    <速報>【続報】自費診療へのコロナウイルスの影響

  5. 自費診療にコース契約は、必要か?

  6. 開業のイニシャルコスト・・実際どれくらいかかる?

開業コンサルティング 無料体験コース