開業処方箋Vol.1 Clinic K 金児盛先生

※自費研オンラインの記事を転載しています。(自費研オンライン https://jihiken.jp/

独立を目指すドクターの方々の開業をお手伝いする「開業サポート」は、エスエス・エフが手がける事業の一つ。そこで実際にエスエス・エフを使って自身のクリニックを開業された先生方にお話を伺いました。シリーズ第1弾は、Clinic Kの金 児盛先生にご登場いただきます!

金 児盛先生
Clinic K
https://clinick.jp/

1980年生まれ
2005年Dongguk University, College of medicine Graduation 卒業
2007年 日本医師免許取得
2007年~2018年 東京女子医大病院にて研鑽
2018年 BIANCA cosmetic surgery & medical spa 入職
2021年 2月 Clinic K 開院

専門外から美容外科の世界に進みたいと決意

元々、私の専門は循環器内科。しかし開業を考えた時、昔から「人の美しさ」に興味があったという事もあり、美容外科で開業することに決めました。開業の一番のきっかけとしては、年齢的なものもあったのかと。私が節目として考えていたのが40歳、そして実際にその歳になった時、自身のターニングポイントとして「自分の理想のクリニックを持って、自分の力を試してみたい」と思い立ちました。

専門違いの美容外科を目指すために私が師匠として仰いだのが、ビアンカクリニックの堀田和亮先生。実は彼、私が大学病院にいた時に研修医で入ってきた、いわば後輩に当たるのですが、その頃から他の研修医と比べても群を抜いて通じ合うところもあり、自分の信念をしっかり持っていました。その後、彼は美容外科医としての道を進み、すでに素晴らしい実績を残している。センスも良いしカリスマ性も備えており、「学ぶのなら彼しかいない」と確信しました。

開業準備は『プロ』の力を借りるのが正解!

昔から私自身がコンサルに対してネガティブなイメージを抱いていた事もあり、開業の際コンサルティング会社にお願いするつもりはありませんでした。でも、実際に自分たちだけで開業しようとなった時、とにかく忙しくて手が回らない。早くなんとかしたいのに、それを具現化するための力がない事を痛感しました。開業までにやるべき事が膨大にありますが、とにかく人手が足りない。また、実際に人を集めるのにこれだけ時間がかかるという点も予想外でしたし、その辺りの考えが本当に甘かった。

私が開業を決意したのが2020年の夏で、クリニックのOPENが2021年の3月1日。スケジュール的にかなりタイトですね。以前から物件だけは目星をつけていた のですが、それで開業準備はほぼ終わりと思っていたんです。人も集まるしお金もすぐ借りられるだろう、と。でも、そうじゃなかった。何より開業準備に充てられる自分の時間というのが思った以上に少ないんです。そこでパートナーとして選んだのがエスエス・エフさんでした。

何件ものクリニック開業をバックアップしてきた経験豊富なプロだから無駄が少ないし、開業初心者の私たちにとって彼らの存在は本当に頼りになりました。全ての事を自分たちで対処していたらもっと時間がかかっていただろうし、やっぱり効率が悪いんです。開業までの労力や手間を一緒にシェアしてくれる優れたコンサル会社と出会えるかどうかで、開業までの道のりは大いに変わってくると実感しました。それに「世間的に当たり前の事が、私たちにとって当たり前じゃない」、そういう事を学べる良い機会になりました。うちのスタッフたちも、自分たちの出来る事と出来ない事が明確化して、今自分たちが何をすべきかわかったのではないでしょうか。

他のクリニックとの違いは「愛」の深さ!?

激戦区と言われる銀座にクリニックを構えましたが、このエリアに美容外科が何軒あるかとか、よそがどんな施術をしているかとか、私は調べた事もないし調べる気もありません。知ったところで何も変えるつもりはないし、私は私が正しいと思う事を提供していく、それが一番大事だと思ってるので。

美容外科というのは、患者さんから十分な対価をいただいています。その対価に対してどれだけ返せるか。内容はいろいろあるでしょうが、正しい知識や高い技術というのは美容外科医として当たり前です。ではそれ以外でどう差別化をするか。私は他のクリニック以上のホスピタリティを提供する事で、いわば愛を返す。愛というとなにか曖昧に聞こえるかもしれませんが、愛以上のものはないんですよ。我が家のような居心地の良さを感じていただける、そんなクリニックを作っていきたいし、そうすれば周りとの差別化も出来ると信じています。

信頼し抜く事、それが開業への大事な第一歩

開業を考えている医師の方へのアドバイスとしては……「悩むところは、人に任せた方が良い」という事を伝えたいですね。悩んでいても何も解決しないし、医師は開業後のビジョンや理念、自分のクリニックのブランディングを考えて、それ以外の細々した準備はコンサルさんにお願いする。だからこそコンサル会社選びは大事です。でも、結局は「信頼」なんですよ。一度信頼したら、最後まで信頼しきる。一回任せたら、後はもう考えない。そして自分は医師としてやるべきことに専念する。そのスタンスを貫いて頑張って欲しいですね。

SSF(エスエス・エフ)とは!?
“自費診療で経営を強くする”をコンセプトに掲げた、自費診療に特化したコンサルタント集団です。自費クリニックの開業サポートを皮切りに、内装デザイン提案、施術メニュー・機械選定、広告・集患方法などの自費診療売上UPにおけるあらゆる経営課題に対し、具体的な解決策をご提案させて頂いております。開業でお困りの皆様自費診療専門の20年以上の実績あるエスエス・エフへお気軽にご相談ください。
https://ss-f.co.jp/

関連記事

  1. 流行りのPicoレーザーの設置について(電気容量でかい!)

  2. affected me ~私に影響を与えたもの~vol.3 NEXUS…

  3. Affected me ~私に影響を与えたもの~Vol.1 ルラ美容ク…

  4. 個人情報保護法

    2020年の改正でどう変わる?個人情報保護法

  5. 美容外科,美容皮膚科,開業

    クリニック開業物件情報

  6. 未承認医療機器・医薬品アイキャッチ

    未承認医療機器、医薬品の購入について

開業コンサルティング 無料体験コース